今までのクレジットカード現金化といえば、店舗に行って商品を購入して現金化業者にその商品を買い取ってもらう方法やインターネットで商品を購入して商品を購入した事によって現金化されるキャッシュバック方法がメインでした。
ただ、現代では携帯電話やPCの普及に伴い、誰もが手軽にインターネットを利用できる状況になり、店舗での現金化は需要がなくなってきています。
需要は手軽で簡単なキャッシュバック方法に移行され、現金化を利用したことがある多くの方がキャッシュバック方法を利用してきたと思います。
しかし、キャッシュバック方法の現金化業者には利用者のクレジットカード情報を伝えなくてはならないという超危険な手段を取らなくては現金化することができません。
クレジットカード現金化は違法性はないと言われておりますが、他人のクレジットカードを使う事が本当に違法性はないのでしょうか?
確かに申込をしている以上は了承は得ていると言えるかもしれませんが、問題は利用目的です。
クレジットカード現金化その行為は現在の法律では違法性はないですが、クレジット決済をしているのは本人ではなく、現金化業者ですので警察に調べられるようなことがあればすぐに現金化が目的とわかってしまいます。


以前、現金化業者が逮捕されたことはご存知でしょうか?
2011年キャッシュバック方式の現金化業者が逮捕されましたが、簡単にいいますと現金化の行為で逮捕されたというよりもクレジットカードを利用した「高金利の金貸し」ということで逮捕されています。
クレジットカード現金化は利用者から申込があって同意のもとでクレジットカードのショッピング枠を現金化していますが、何かあってもお互いが言い訳ができる逃げ道があってこそ初めて安全に現金化が行えると言えます。
利用者本人がクレジット決済を行っていないという事は誰から見ても他人に不正利用されているか現金化をしているどちらかしか言えることがありません。
これは利用者本人からしてみてもカード会社に怪しまれた時には言い訳ができず、カード利用停止は免れることはできません。
現金化業者は逮捕されようがどうなろうがどうでもいいですが、利用者もカード利用停止やカード不正利用、現金化業者が逮捕されたら利用金額が振り込まれないというデメリットが非常に大きい手段です。
キャッシュバック方法に限らず、商品買取方法やアマゾンギフト券買取方法でもクレジットカード情報を現金化業者に伝え、現金化業者がクレジット決済を行う業者も中にはありますが、そういった超危険な方法を取るのであれば多少換金率が低くなってもクレジットカード情報を伝えなくても現金化ができる安全な現金化業者を見つけましょう。